忍者ブログ
うちの三姉妹・うちの3姉妹・うちのさんしまい

2017-11

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/18 meatteWew]
[01/11 gago]
[09/10 りな]
[06/19 Bobのボス]
[06/15 nan]
最新記事
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






2006年4月に1巻を刊行後、

たちまち人気集中。

「早く続編を!」の声に応えて9月に2巻を刊行すると、

発売初日から1巻をはるかにしのぐ勢いの売れ行きです。

「電車の中で笑うのをがまんするのがたいへんだった」

「活き活きした3姉妹とそれを見守る著者の鋭くも優しい眼差しが心地よかった」

「もうなんともいえないこのおかしさっ♥」

ぷりっつさん、楽しい時間をありがとう」

・・・愛読者の応援の声も1、2巻よりさらに熱くなっています。

おなじみ長女・フー(6歳おっぺけぺ)、

次女・スー(4歳・自由人)、

3女・チー(2歳・社長)

の個性豊かな3姉妹が繰り広げる

「予想外」な出来事に振り回されながらも、

「愛の突っ込み」を忘れない新進漫画家の母。

本作では、長女の小学校入学や

次女の幼稚園入園などぷりっつ家の大イベントが続きます。

果たして、フーちゃんは先生のいうことを聞けるのか、

スーちゃんは泣かずに幼稚園にいけるのか、

そして留守番のチーちゃんは・・・ファン必読の

うちの3姉妹というブログを知ったのは、

朝、仕事で会社に行く途中、車のなかでラジオを聞いていると

ブログの本についてアナウンサーが、話していたからです。

それからブログが書籍化されて店頭に並んだ時でした。

それまでそのブログについては、あまり知らなかったのです。

 長女のフーちゃんのおっぺけぺなところ

(運動会で両手を振りまくって愛想を振りまくところとか、

   嫌いなものを眉間をつまんで食べるところとか)、

 スーちゃんのリベロなところとか

(セーラームーンになりきると自分の名前を呼ばれても返事を返さないところとか、

 七五三で袴をはいてもすぐ脱ぎたがるところとか)、

 チーちゃんの社長としての最強ぶりとか

(自分の好きな絵本を誰かに持っていって読ませるところとか、

 妖怪マンマ小僧ぶり)がとても笑えます。

 読んでみると、

“子育てってはっきりいって大変だけど、楽しい一面もあるよ”

ぷりっつさんの声が聞こえるようです。

なぜって、3姉妹への愛情がぷりっつさんや旦那さんから感じられるからです。

 私ははっきり言ってまだ結婚とか出産とか考えてはいません。

でもこれを見ると、

結婚も子育てもいいものだなぁとおもわずにはいられません。

 もしかしたら、

子育てで悩む母親がこれを読んだら、

ストレス解消法の一つが見つかれると思います。

一つは、必要以上に子育てに期待しないという事なのかもしれません。

 ぷりっつさんが行っている子育ては、

ある意味ちょっと手を抜いていると思います。

でも、肝心なところで抜かない…というところがすごいです。

 私は、疲れた時に気分転換にブログを見ています。

そしたら、はっきりいって笑えるんです。

そうやって笑うことで気持ちを切り替えて頑張ろうと思います。

 ぷりっつさんのブログを見て思うことですが、

彼女は子育てを有る意味楽しんでいます。

その姿勢から解ることは、

「毎日の中で一つでもいいから楽しいことを見つけよう」とする心です。

それがあるのとないのとでは全然違うという事を

彼女が教えてくれるような気がします。

 それが有る意味この「うちの3姉妹」という

ブログや本の魅力なのかもしれませんね

この本は3児の母親である著者が個性豊かな

三姉妹の育児のほんの一コマ一コマを育児奮闘記の中に

面白おかしく描いた漫画です。 

登場してくる三姉妹長女フーちゃんはもの凄く純粋な女の子らしい女の子。

 次女のスーちゃんはマイペースで自由人、

でも少し寂しがり屋の女の子。

一番末っ子の三女チーちゃん

やんちゃでおてんばな女の子。

この本を読んでいるとくすくすと笑えるところがあったり

小さい頃を思い出させてくれる気がします。

著者の三姉妹に対する母親としての愛情も伝わって来て

心が暖かい気持ちになります。

この本を読み終わった後は必ずといっていい位心が癒されます。

1~5巻全巻読んでいてブログもチェックしています。


松本ぷりっつさんのブログをまとめた本。

日常のごく普通の育児日記をツッコミ目線で書き綴ってあり、くすっと笑えます。

今、1~4巻まで購入済みですが、最近発売された5巻も早く購入したい。

大人だけでなく小学生にもウケるみたいで、

うちの姪っこちゃんたちも大のお気に入りの本です。

ブログで大人気の3姉妹本。かなり面白いです♪

本屋で目が留まって立ち読みし、そのままお買い上げしてしまいました。

育児記録のブログ本なのですが、未経験でも面白く読めると思います。

現在3巻まで出ています。

も~、初めてblogで見たときの笑撃(笑3姉妹が可愛いのっっ♪ うちは男の子2人なので、

姉妹とはちょっと違う観点だけど、「あるある~、そゆこと」ってのもあって、

子育て中の人にはもちろん、とにかく楽しめます♪

たまに出てくる子供達の絵がなんともいい味を醸し出してて、また笑えます(*^_^*)

マンガをあまり読まないうちの彼氏も大爆笑。

読んだら子供がほしくなったとの事…!!よし、結婚へ近づいた!!(笑)

3姉妹がかわいい~。育児って楽しいね。

面白すぎます。家の子もこんな感じ!って共感したり、笑ったりです。

大人気ブログが本になった!! 3姉妹の毎日は笑がいっぱい☆ 3姉妹の関係に、

知り合い(のりちゃん家)の3姉弟を思い出してしまった・・・(笑) この本を読んで、

即ブログをブックマークしましたヨ♪

おもしろいっすw

ご存知ブログ本♪ めちゃオモロイよん。










PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TBについて
TBありがとうございます。
何度もTBを送っていただいたようですが、こちらのブログはTBを認証制にしており、すぐに反映できないことがあります。
重複しているものはすべて削除させていただきました。
ことなりままっち URL 2008/04/13(Sun)00:21:32 編集
3姉妹大好き!
長女が保育士で、「うちの3姉妹」の本を買ってきました。感動して、我が家は、3姉妹・私で、大ファンです!
これからも、いっぱい続けてね!応援してます!
nan URL 2008/06/15(Sun)23:30:54 編集
3姉妹
TBどうもです。そんな本があったのですか?うちは3姉妹ではないですが、子どもは3人なのでなんとなく判るような気がします。
Bobのボス URL 2008/06/19(Thu)18:00:31 編集
フーちゃん大好き
私も小さい頃フーちゃんと同じ事をして遊んでいたのでフーちゃんが私の小さい頃の自分みたいです。毎回すごく楽しませていただいています。また、来週も期待しています。
りな 2008/09/10(Wed)20:04:09 編集
atasimo
atasimoutinosannsimainotorikonano
gago 2009/01/11(Sun)21:13:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アイドルパピーのガワ
 突然だが、「アイドルパピーのガワ」である。  アイドルパピーの白紙のガワ 佐藤
URL 2007/10/08(Mon)00:05:21
ネット社会・深まる闇 ゲーム感覚 悪意の増殖・・・読売新聞で「ゲーム感覚? そうかも知れません」と、ネット炎上について発言した男性(湯川晃)、自身のブログ炎上に逆ギレ。放火魔の自宅が火事になったというマヌケな状況に・・・。
---------- ---------- 読売新聞から。 仕掛け人が投下したネ
URL 2008/03/05(Wed)11:49:39
オデは夏彦/フレンチブルドッグ写真集
どれもこれもMr.A厳選フレンチブルドッグの本、雑誌! 今回ご紹介させて頂く本(雑誌)はフォト・ブック『オデは夏彦』です。 ファン待望の「フレンチブルドッグ夏彦」の写真集です。 疾走する甘えんぼう。「BUHI」で大人気、北海道に暮らすフレンチブルドック、夏彦ファミリーのフォト・ブック、ついに登場! オデは夏彦 出版社: オークラ出版 発売日: 2008/3/5 その他のフレン...
URL 2008/03/08(Sat)02:14:06
見てー!2・3女だよ♪
可愛いでしょう(*^_^*) 2歳・3歳でしょうか?1歳・2歳かな? この写真はね、アルバムの中から見つけたのじゃなく 長女が、お財布に入れて毎日持ち歩いてるもの 「友達に見せるとね、姉ばかって言われるんだよ」って 大学1年で、独立した長女、その時、妹はまだ、8歳・7歳でした 「今、思えば、妹の中学や高校の悩みの時代に、そばにいてあげればよかった」 「でも、あの時は、自分のことで、いっぱいいっぱいだった」 そう、私も悩む。 あの時、長女を独立させて本当によかった...
URL 2008/06/15(Sun)23:27:12
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様. . . .